抜け毛についてもあきらめていたら、娘がMARKS&WEBのウッドヘアブラシ をプレゼントしてくれた

ケアプラザ横の銀杏並木の遊歩道。横浜若葉台は自然が豊かです

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

正常性バイアスという言葉をご存じですか。
災害などの予期しない事態に直面しても、いつも通り大丈夫だと思い込んでしまうこと。実際に災害が起きたときに、逃げ遅れて大変なことになってしまいます。

年を重ねることや死についても、同じことがいえるのではないでしょうか。なんだか人間って、自分が年をとり、いずれは死を迎えることが、頭の中ではわかっていても、事実として受け止めにくい気がします。
それは、日々、昨日と同じ今日を積み重ねて行くからです。

実際には、毎日、1日分年をとっていくのですが、なかなか実感できない。そして、ああ、今日も退屈だった、毎日同じことの積み重ねだなぁ、なんて嘆いたりもするのです。これも正常性バイアスですね。

MARKS&WEB のウッドヘアブラシ  ピンのところも木でできています

ところで、髪についてですが、こちらも毎日あまり目立たないようで、日々少しずつ抜け落ちていきます。それなのに気づかない。若い頃は邪魔なくらい髪の毛の量が多くて、「美容師さんに悪いなあ」なんて思うくらいでした(笑)

けれども、まだまだと思っているうちに(^_^;) 多分今は、若い頃の半分くらいの髪の毛の量ですね。
それなのにまだ自分の髪がたっぷりあると思っている愚かさよ(笑)

「頭皮がかゆい」
そう嘆いていたら長女さんが、MARKS&WEB のウッドヘアブラシブラシをプレゼントしてくれました。
3種の木材でつくられたヘアブラシです。
ピンにも木材を使われていて、ブラシングするところも木なのです。

このブラシで、軽く頭皮をたたいたり、ゆっくりブラッシングするといいそうです。
やってみたら、かゆみがだいぶ収まり、まとまりもよくなりました。なんだか頭皮が生き返った感じ。
よく考えれば、このところ鏡もろくに見ない生活でした。しっかりと鏡の中の自分を見つめ、「昨日とおなじ今日」などの言葉を安易につかうのをやめ、髪を大事に(笑)、一日一日を意義あるものにしていきたい、と思います。

なお長女さんは、夏城らんかといって元タカラジェンヌですが、
子育てしながら「植物療法」を学んでいます。よろしければこちらもご覧ください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
他のブログ記事も見ていただけますと幸いですm(_ _)m

by
関連記事