アイスランドが舞台の「好きにならずにいられない」を又吉直樹さんが絶賛。主人公は43歳、独身、実家暮らしの大男

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

アイスランドが舞台の映画、『好きにならずにいられない』(2016年の上映)を、お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹さんが、「開始5分で100%面白いと確信した!」と絶賛していたので、アマゾンプライムで観てみました。
1時間半ぐらいの映画でそんなに長くないんです。

43歳の実家暮らしの太った男性。

飛行場で荷物を運んだりする仕事をしてるのですが、自身は一度も海外旅行の経験がありません。異性と付き合ったこともない。
趣味は、戦争のミニチュアを作って、卓球台くらいの台の上でゲームをして楽しむことくらい。

職場では同僚にいじめられ、からかわれたり、浴槽で水をかけられたり。さんざんです。でも怒らない。すごくやさしい。

ある日、アパートの階段で座っていた女の子に話しかけられる。

ここの受け答えがすごくいいんですね。

それからちょくちょく遊びに来るようになって、フーシが車で出かけようとすると、乗せてと言われて乗せてやる。けれど一寸走って戻ってくると、アパートの前に父親と警官が待っていて、誤解されて尋問される。

でもやはり怒ったり、叫んだりしない。一寸悲しそうな、困ったような顔をするだけ。耐えてるのか、心の中に全部入れてしまえるのか、わからない。その顔がとても魅力がある。
まあ言ってみれば、大男の天使みたいなんです。

ダンス教室で知り合った女性

それからダンス教室で知り合った女性がいて、一緒にご飯を食べに行ったり、女性が具合が悪くなると、献身的にささえるんですね。食事をつくってドアの前に置いてあげたり。やさしすぎるくらいやさしいんですね。

それからフーシは、初めて予約して、女性と海外旅行に行こうとする。女性はどうしたいのかわからない。

最後のシーンも印象的です。前と同じスーシなのに、表情が変わっていた。また、なんだろうこの表情はと思った。

日本では、多分、このやさしすぎる人を主人公にはしないでしょう。でも、フーシを見ていると、私たちが忘れてしまった本当のやさしさやナイーブさって、こうなのだと改めて思い、感動しました。

ぜひ観てみてください。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。