自分の人生の主役は自分、それをしっかりと自覚し老後を迎えたい/後悔しないためにも

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

DSC_0097

私の住む若葉台では、数年前に65歳以上の人の比率が50パーセントを超えました。そして今でもじりじりと高齢化が進んでいます。ただその割に介護認定率が低いため、マスコミ他から何かと注目されています。

そんな若葉台ですが、

気になるのが2025年問題。

この年に団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になるといわれています。
わが団地でも、ご自分の老後について真剣に考えている方が多いようです。

歩けなくなったらどうしよう。寝たきりになったらみんなに迷惑をかける・・・と、悩みはつきません。よく終活といわれますが、その中で、

介護が必要になったらどうしよう

これについても、真剣に考え、家族と話し合っておいたほうがいいようです。
また、老人になると、もう悩みがなくなる・・・なんてことはまったくなく、むしろ、高齢者になってから、悩みはじめる人も多いようです。

私の人生はこれでよかったのか・・・

家族のために生きてきたけど、もっと自分を大事にすればよかった・・・

もっとほかにやりたいことがあったのではないか・・・
そんな悩みで苦しまないためにも、

まだ身体が動くうちに、やりたいことを全部やっておく。
自分の人生の主役は自分だということをしっかりと自覚する。

それだけで、人生はずいぶん変わってくるのではないでしょうか。
結果、自分が幸福であることが、家族やまわりの人々をも幸福にする。それを信じて、毎日笑顔で、せいいっぱい明るく、生き生きと暮らしたいですね。

DSC_1404

拙い内容ですみません。最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。