普通の日本の若者をもっともっと優遇しよう/ウクライナ侵攻がひとつの転機に

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

前から思っていたのですが今日本の社会では、働く現役世代があまり優遇されていないように感じます。とても大事な世代なのに・・・。
就職にも苦労しているように見える。
そんな中、年金生活者に5000円配ると・・・・。これを知って驚いた。
学生は、就職の前後にはだいたいお金がなくなる。だから年金受給者に5000円配るくらいなら、就職準備金として、学生たちにお金を配ったほうがよほどましである。

また外国の優秀な若者が、日本の一流企業に就職しようとしたりするから、日本の若者にとってはますます狭き門だ。よほどがんばらなければいけない。
おまけにテレビをみれば、司会者もタレントも女性の身なりの男性や外国人。普通の日本人は存在感がうすい。
でも思う。なぜ、普通ではいけないのだろう。なぜ、普通の日本人男性は肩身が狭いのだろう。

普通の日本の若者をもっともっと優遇しよう!

日本はとても住みやすい国だ。
人々は温和で礼儀正しくまちも安全。
電車も時刻通りにやってくる。(そうでないところが多い)
よそよそしく感じることもあるがそれは、礼儀正しすぎて引っ込み思案でもあるからだ。
さらに二度と戦争を起こしたくないと、平和憲法を大事に守ってきた。

ウクライナ侵攻がひとつの転機に

ながく平和憲法を守ってきたのも、世界の平和に貢献すると思ったからだ。

けれど今回のウクライナ侵攻で、ただ、平和を願うだけではだめだと知った。きっとこの国で、みんなが平和に暮らしつづけ、ときには他の国の人を助けてあげるためには、やさしさプラス、強さや、したたかさも必要なのだろう。

そして正当に立場を主張すること。
イギリスの学校では、ディベートの時間があって、自分の考えを伝える教育がされているという。日本では言わないでも察しろ、であり。「沈黙は金」だ。
けれど今の時代、黙っていてはだれにもわかってもらえない。大事なのは、冷静かつ論理的にこちらの立場を伝えることだろう。
これからの子たちには、したたかさを身につけて、強く生きぬいてほしいなあ、とつくづく思う。

勝手な考えを最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。