「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」を読んでみました

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

DSC_0074

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」(河合雅司 講談社現代新書)を読んでみました

2016年、日本の年間出生数が初めて100万人の大台を割りました。
それからも出生数は減り続け、私たちはまさに、少子高齢社会のまっただ中に突入していこうとしています。

緊急な課題でないように見えるけれど、実は、じわじわと真綿で締めるように社会をむしばんでいくのが、人口減少であり高齢化なのだ、と作者は述べています。

「少子高齢化に歯どめを」
という言葉はよく耳にするものの、少子高齢が進行することで、具体的にどの時期にそのような社会になるのかを、具体的に検証したものはあまりない。

本書では、これから起きることを年表にしている。読んでいて、思わず戦慄してしまう。

 2017年 おばあちゃん大国に変化
 2022年 ひとり暮らし社会が本格化する 
 2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
 2035年 20未婚大国が誕生する
 ・・・・・・・・・・・・・・・
 2065年 外国人が無人の国土を占拠する

 ・・・・・・・・・・・・・・・

ショッキングな事項が並んでいる。 数十年後の未来予測。
さらに2055年には、日本の人口は9000万人を下回り、さらに減り続けるというから恐ろしい。

外国人、AI、高齢者、女性に頼ることだけでは解決できない。女性には妊娠、出産、子育てもある。
そこで著者が提言する第5の戦略とは?

それを実行するには、ある覚悟が必要で、今こそ「20世紀型成功体験」と決別すべきなのだという。

本書には、「日本を救う10の処方箋」が示されている。そして、
「100年後も豊かな社会であり続けることを目指し、打てる手は全部売っていく」ことが必要だと述べている。

女性の出生率をあげるためのお見合いの提言、第三子を産んだ家庭への手厚い支援、そのための財源の確保のアイデアもユニークだ。

私事になりますが、10年ほど前から、30~40代の方の未婚が気になって、その原因を考えつつ、団地の皆さんの協力でまちコンも何度か主催している。それにより地元で結婚し、お子さんが生まれ、幸福な家庭を営んでいるご夫婦も。

やはり見ているだけではなく、動き出すことはとても大事なのだと思います。
何ができるか考え、何か行動したいですね。今必要なのは、現状をしっかりと見つめ、みんなで踏み出していく勇気なのかもしれません。

最後までお読みくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますのでぜひお読みください。

by
関連記事