「母の生きた道」(比留間美代子) 語られているのは、亡き母のようでもあり自分のようでもある。親子の情愛に心を打たれます

比留間美代子詩集 土曜美術社出版販売

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

今日は、この前読んで感動した詩を紹介させてください。

比留間美代子詩集 新・日本現代詩文庫


比留間美代子さんの詩は、生きることの悲しみや、家族との深い情愛や絆を描いていて心に残ります。

そして、そんな悲しみを見つめつつ、しっかりと前に進んでいこうとする力強さにも共感できます。


特に、紹介している「母の生きた道」という詩は、読んでいて心が揺さぶられ、なかなか平静ではいられません。
亡き母の思い出がよみがえり切ないですが、同時にこれから老いていく自分の姿を見つめ直す作業にも・・・。
この詩を読んで、もう一度しっかり、母の思い出を心の奥に抱きしめたいと思いました。

よろしかったら、ぜひ読んでみてください。

 母の生きた道  

 
                 比留間美代子

生きていくことの悲しさを
通りぬけて

母は老いていきました

生きていいくことの酷しさを
身に沁ませた時

母の眼はキラリと光りました

生きていくことのつらさを
耐えしのんで
母は子らを育んでくれました

生きていくことの淋しさを
骨身に感じながら
母は娘を嫁がせました

生きてきた母の黄昏時
腰をかがめた
母はなお とぼとぼと歩いておりました

生きていくことの苦しさに
出合って初めて
母の涙のわけを知りました

生きていく道のりは遠く続く
母の道のりの残されてある間
その恩愛に
どう償っていけるかと
しんみりと思うのです


写真は、ショッピングタウンわかば名物のビアホールです。7月最後の日曜日に撮影

家族連れの皆さん、本当に楽しそう。
夏のよい思い出にしてくださいね。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。