悩んだときはまずおいしいものを食べて、それから考えよう

お菓子の先生、江藤雅子さんのパンケーキ&レシピは文末に掲載しています

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。
このところ、つらいニュースが多いですが、こんなときはまずおいしいものを食べて元気になりましょう。

写真は、「わかば通信」に掲載した江藤雅子さんのパンケーキです。
甘すぎない、やさしい味で、疲れたときも、元気のないときも心がほっこりします。

こち亀 両さんのぐっとくるアドバイス

ところで、最近の若い方々は皆さんとても心根がやさしくて、傷つきすぎないかとハラハラすることがあります。そんな中、昨日、わかめさんのツイートを拝見していて、あっと思うことがありました。
以下、そのツイートです。

こち亀の両津勘吉の「悩んですぐに生きるか死ぬかの2択にするな。悩んだらまずは“生きるモード”に切り替えろ。それから『図々しく』『マイペースに』とか“どう生きるか”を探せばいい」という言葉を知ってから、子供の漫画という印象からガラリと変わった。

人生、しぶとく図々しく生きよう

わかめさん、引用させていただきありがとうございます。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、私も大好きです。
両さんは、めちゃくちゃなようでいて人情家で、超スピードで走って家出した子を連れ戻したり、ぐっと心にくる せりふをおっしゃいます。

こんなすごいアドバイスはなかなか聞けない。笑
悩んだら、生きるか死ぬかでなく、まず『生きる』モードに切り替えよう。それから、

図々しく生きる
しぶとく生きる
マイペースで生きる
人の為に生きる

などを選択すればいい。
私が特にいいなと思うのは、「しぶとく生きる」ですかね。
「人の為に生きる」なんかも入っていて、さすがです。

みんな単純そうで奥が深い。
どうぞこんな素晴らしい言葉を心に留めて、おいしいおやつを食べ、お腹も心も満たしましょう。

参考までに、江藤さんのパンケーキのレシピも付けておきます。

☆江藤雅子さんのパンケーキ レシピ

◇材料 (3~4人分) 
卵      2個
グラニュー糖 70g   
牛乳     200㏄   
薄力粉    200g
ベーキングパウダー 大さじ1
バター 適量 
メープルシロップ 適量

◇作り方
①薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回ふるう。
②ボウルに卵を入れて溶きほぐし、グラニュー糖を3回ほどに分け、泡立て器で白くぽってりするまで泡立てる。
③牛乳を入れ、①をふるいながら加え混ぜ合わせる。約15分おく。
④ホットプレートかフライパンを温め、油を引いて生地を玉じゃくしですくい、丸い大きさになるように落とす。プツプツとしてきたら裏返す。
⑤キツネ色になるまで焼き、皿にのせる。2枚を重ね、上にバターをのせ、シロップをかける。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。


by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。