見て涼しく、食べておいしい京都のお菓子でティータイム。もうあと一日。

DSC_1957

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

いよいよ次男さんの出立まであと一日。
今日の午後は、夫と次男さんと3人でゆっくりお茶にした。
お茶のおともは、先日次男さんが住まいの契約で京都に行った際、帰りに買ってきてくれた和菓子。
羊かんの上に、青から紫へと変化する紫陽花を模した繊細なお菓子です。6月にぴったりのお菓子のはずが、なぜか今日は酷暑。汗

冷蔵庫で冷やしておいて食べました。
見て涼しげで、食べるとコクのある羊羹に繊細な甘さが加わって、とても美味しい。

そういえば、すぐき漬け(きざみすぐき)もみやげに買ってきてくれたのです。
このところ暑いので、それを
たまたま冷や奴の上にのせて、めんつゆをかけて食べたら、これがさっぱりしてとてもおいしかった。
夏になると、毎日のように、冷や奴の上にいろいろ乗せて食べているので、これは大発見でした。

明日からは夫と二人、ほそぼそとした夕食になりそうです。
考えると一寸こわい。
いや、料理作らなそうな、自分がこわい。笑

DSC_1957

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。





by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。