これも引き寄せでしょうか。憧れのひとと時間をへて話せた不思議なひととき

201110171721

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

この年になってしみじみ思うのですが、知り合いの人とずっと知り合いのままでいるのは難しい。
長く友情を続けるには、だいたいマメで律儀でなければいけない。

そして、もうひとつ付け加えるとしたら相手への尊敬や好奇心があること。
「あの人はいまどうしてるかな」

そしてよし、と思って

電話しちゃおう、と電話すると、たいてい嬉しそうにしてくれる。
「ああ、よかったなあ」

と思いますね。

前置きが長くなりました(^_^;)
実はさっき、10数年ぶりにある人から電話がありました。

一回目でとれなくて、こちらからかけてもダメで、気にしてるとかかってきて、慌てて電話をとりました。
ところが、その方のほうでも、間違えてかけてしまったようで、「ごめんなさい」とあやまってこられました。

実は、そのひとは、少し前、このブログの記事で高齢女性の理想形として書いた方なのです。10数年前、宝塚の観劇していたころ、憧れて、こんな老婦人になりたいなと思っていたひとです。
まさか、それを読んだ!・・・とは思いませんが、憧れであっただけに、ちょっとドギマギしました。
品が良いのに、さばさばしていて、とても思いやりのある方です。いつも人々の輪の少し外側にいて、いつもニコニコしているひとでした。

間違いとわかってすぐ切ろうかとも思いましたが、ふと思い直し、「ずっとわたしの理想だったんですよ。だから、偶然でもお話しできてうれしい」というと、とても喜んでくれて、切るのがなかなか惜しかったですね。
不思議な瞬間でした。当時の時間が一瞬にしてもどってきました。
こういうとき、生きてるっていいなあ、とつくづく思います。
ゴールデンウィーク中の、うれしくて不思議なひと時でした。

今日も拙ブログに来てくださりありがとうございます。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。