つらい場面のあとなので、ガッキーさん八重の幸せそうな笑顔に心癒やされました。赤ちゃんは鎌倉の期待を一心にあびて生まれてくる

DSC_1299

ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

17日の大河「鎌倉殿の13人」には驚かされました。
上総広常(佐藤浩市さん)が誅りごとによって命を落とすのは知っていましたが、あんなむごいころされ方をするとは思わなかった。ショックです。
でも、サイコロを振ってる時に、梶原景時(中村獅童さん)に命を奪われるというのは、ほぼ史実通りのようです。何に乗ってるのでしょうかね。吾妻鏡か(^_^;)

佐藤浩市さんの素晴らしい演技力もあり、このシーンのむごたらしさが生々しく伝わってきました。

同じように衝撃を受けた人が多かったみたいで、私のツイートにも、「泣けました」「頼朝があんなに冷酷な人間だったとは」などの感想を書いてくださる方も。

DSC_1273

この大河の中では、女性たちの活躍が素晴らしいです。
政子が現実の力強い女性を体現してるなら、八重はまさしく天から舞い降りてきたようです。

この世ならぬやさしさ、しなやかさ、強さ。これは、間違いなく天女です。

だから、この大河の中で、八重の登場するとき独特のオーラに包まれてる気がするのですね。

DSC_1301

そしてあの誅殺の後で舞台は伊豆に変わり、ついに義時がわが子と対面。
こわごわと抱くその顔は、最初固かったのに徐々に父親らしい優しさでいっぱいになる。この表情がいいですね!
信長(タイムスリップするドラマ)のときも思っていましたが、小栗旬さんはさりげない自然体の演技が素晴らしいですね。(本当の男らしさやカッコよさってこういうのをいうのでしょうか・・・)
一抹の不安感は、やはり泣き声が「○○」と聞こえたことでしょうか(^_^;)

このお二人の一緒の時に醸し出されるオーラが素晴らしいので、これからがますます楽しみです。
そしていつまでも八重のやさしい笑顔を見ていたいと思います。

ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。