焼酎のおつまみに、ようかんを作ってみました

ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

明日お客が来ることになって、栗きんとんや黒豆は煮ておきましたが、客人は餡子好きなので、やはり・・・と思ってようかんを作りました。あまり甘くなくて、ちょっと水ようかんの感じです。

数年前のまだコロナが流行る前の正月、やはりようかんを作って、デザートに食べてもらおうと思っていたら、途中でもいいから食べたい、という意見が出て、お酒飲んでる真ん中にぽんとおいてつまんでもらいました。
飲んでたのは焼酎だったのですが、
「(焼酎に)ようかんがよく合う」と絶賛されました(^_^;)

まあ、話半分としても結構うれしい(笑)。
それで調子に乗ってSNSに、
「ブランディーにはチョコレート、焼酎にはようかん」
と書いたのですが、その後どなたも「焼酎にようかん」とはおっしゃらないので、やはりお世辞だったのかもしれないです(^_^;)

お客にはやはり第一に笑顔

お客にはやはり、ごちそうより笑顔ですね。
そういえばお正月で人に会うときや写真を撮るときなど、口の両端をほんの少し、5ミリ位引き上げるようにするといいです。気持ちも落ち着くし、まわりの人からも気持ちが安定して見えて好感度アップにつながる思います。

打ち合わせなんかでも、ちょっときつめの意見を言うとき、口角を少しだけあげ自然な笑顔に見えることはとても大事ですね。

またある程度意見が出たら「まとめると、こういうことですね」というと、ホッとしてくれるような・・・。
以前は、せっかちに次々と自分の意見を言ったりしていましたが、うまくいかなかったことがたびたびでした(汗)
「つまり・・・ですね」と相手の話を笑顔で受けておくと、こちらの意見も聞いていただけるようです。

大雑把な考えですが、人ってちょっとしたことで信頼したり反発したりするようです。それが生身の人間ってことですね。だから人っておもしろい♥

ようかんから飛躍しすぎてしまいすみません。最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。