ノーベル賞詩人 ルイーズ・グリュックさんの詩集「野生のアイリス」が伝えてくる愛、哀しみ、孤独・・・

糸井重里さんの書く「ほぼ日」のエッセイを見ていたら、
「人間、毎日が命がけ」という言葉があった。

いい言葉だなあ、と思った。若いときはきっと、そう思わなかったでしょう。
むしろ毎日生きるのがメンドクサイなあ、などと思っていたり。
でも、この年になると、つくづくそう思う。「毎日が、命がけ」って。
脚が痛かったり、目がしょぼしょぼしたり、道路を素早く渡れなくて、
車が迫ってきたり。毎日よほど気をつけて生きなければいけない(^_^;)

でも一応毎日、することはやっている (できる範囲だけですが・・・(笑))
こうして生きてるだけでも、エライ、って思わなければ・・・。

こんな一言に、ハッとしたり、励まされたりすることが最近多い。
しかもすぐ涙ぐんでしまったり。

励まされるのは、詩のような、短くて、心の奥に響いてくることば。
というか、心の中にあった正体不明のものを、
表に引き出してくれるような言葉。

9月に読売新聞の紙上で、

ノーベル賞詩人ルイーズ・グリュックさんの詩を目にしたときも衝撃だった。

DSC_0273

見出しは、「やさしく語りかける 孤独、愛、魂の再生」
そして初の邦訳詩集の中から抜粋された詩がすごい。

「これが地上?それなら
 わたしはここに属さないわ」
           (「白いバラ」)

「今世のわたしの罰が
  悲しみだとしたら、
 前世でわたしが犯した罪とは
 何だったのかしら。」
      (「朝顔」)

女性として共感できるやさしい言葉づかいと共に、感じるのは、
胸を引き裂くような哀しみと、安らぎを求める祈りのようなものだ。

「グリュックの詩の魅力の一つは、平易な文章で直接読者に語りかけるところ・・・」
と、訳者の野中美峰さんは書いている。

やさしい言葉が直接心に語りかけ、心をわしづかみにする。
この哀しさ、寂しさの正体はなんなのだろう。
庭造りや庭や野の花を愛する詩人というのも知った。

そこには人間への思いとともに、
草花、水、生き物、この世のすべてに対する愛があるのだろう。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

by
関連記事

コメント1件

  • […] そんなこんなで、めげていたとき、ノーベル賞受賞の詩人、ルイーズ・グリュックさんの詩を読んでショックを受けました。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。