「デュランタ宝塚」という花を見つけた11日。この日は長女さんの退団記念日です。

DSC_2628

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

今日、商店街を歩いていて、ふと紫のきれい花が咲いてる、と思って近づいてみると、「デュランタ宝塚」とあって、不思議だなあ、と思いました。

紫のとてもきれいな花です。木に咲く花ですが、花の形はすみれに似てなくもないので、それで「宝塚」がついたのでしょうか。デュランタはお医者さんで植物学者だった方の名前に由来するそうです。

長女さんの退団の日でした

「春すみれ咲く~」の歌を思い浮かべますね。紫が本当にきれいです。

そう言えば、11日は長女さん(夏城らんか)の宝塚退団記念の日。インスタグラムにこんなことを書いていました。

「宝塚時代、私がまだ下級生だった大昔(笑)は、初日や千秋楽に楽屋へ向かう廊下がお花いっぱいになって、あの少し異様で、美しい雰囲気が大好きでした」

長女さんは負けず嫌いの頑張り屋で、だれにでも好かれるやさしい子です。(今は 子 ではないですね  笑)

そういえば私も、楽屋口から通路にずらっと花が並んでいた光景を思い出しました。本当に華やかで、今でもアレンジのお花を見ると心が騒ぎます。初日や千秋楽には近くのホテルやお店まで花が飾られ、街中が花でいっぱいになる感じでした。

けれど何年後かに、お花の差し入れはなくなって、余計な心配ですが、「お花屋さん困ってないかしら」とふと思ったりしました。

DSC_2628

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。