「天空の城ラピュタ」を観ていたら、やはり、花を摘むロボット兵にえらく感動してしまった

三鷹の森ジブリ美術館  受付ではトトロがお出迎え (2011年9月撮影)

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

「天空の城ラピュタ」を観てます。
ロボット兵凄まじいですね。飛べるんでしたね。忘れてました。

飛ぶ姿も凄まじい。腕の下にひれのような、ものがある。ロボット兵の威力が凄まじすぎて、もう城の内部はメチャクチャです。
這いながら必死でラピュタの王女シータのもとに向かっているところが、健気というかなんというか・・・。

このロボット兵が天空の城では庭の世話をし、墓に供える花をつんだり小鳥をかわいがったりするのですから、こりゃ、泣けますね。

こわいけれど心優しいロボット兵(2011年9月撮影)

怖くてがさつなようだけど、本音はやさしい海賊のお母さん、ドーラも大好き。
こんなお母さんいたらいいけど、5人の息子たちは完全にマザコン?
ママー、ママー、 いってる。笑
でも何しろ幸せそうだからいいです・・・。

来週は「となりのトトロ」を放映とのこと。これも楽しみです。

実写よりアニメの方が楽しいのは、頭の中がだんだん子どもに近づいているから・・・。
初孫娘ちゃんもトトロが大好き。

この前はトトロに歯磨きをさせている写真を見て、感動しました。
両者、かなり真剣です。

それで気がついたのですが、トトロは歯が真っ白で、口が横に広がっていて歯並びがいい。
だから歯磨きしてやりたくなった気持ちもよくわかる (笑

この顔、ちょっと嬉しいような、びっくりしてるような・・・。

そう言えば、わが子たちもみんなジブリが好きでしたよ。
一緒に観ていた私も、それでジブリが好きになって今も大好き。観ていると昔のこと、子育て中のことをいろいろ思い出します。

迷子になろうよ、いっしょに―のキャッチコピー通り、やはり子どもから大人までジリの森に迷い込んでしまようですね。笑

最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。