残りご飯でつくる素朴なおやつ/なき母の思い出 「うでやき」

うでやき (左) とみたらし団子のたれでどうぞ

おやつ・・・というと昔は手作りおやつが結構多かった。

また、大事なご飯は最後まできちんと食べるのが常識でした。
残りご飯を捨てる、なんていうと、

「目がつぶれる」
と、なき母がよく言い言いしたものでした。

朝炊いたご飯でも、夏の夕方には
悲惨な状態になったりして、

これはツライ。
特に今はあまり米の飯を食べないので。

母は昔よく、残りご飯でおやつを作ってくれました。
正式名称は知りませんが、いや、正式名称があるのかどうか(^_^;)
母はよく「うでやき」とかいってましたね。残りご飯と小麦粉でつくる素朴なおやつ。

まあ、言ってみれば一寸「おばあちゃんおぽたぽた焼き」のフンイキです。
さとうじょうゆをつけて食べるとおいしい。
みたらし団子のたれなら、もっといけます。笑

《うでやきの作り方》

・ごはんに小麦粉を混ぜて、よくこねる。
・粘りが出てきたら、団子にして平たくする。
・鍋に湯をわかし、熱湯の中でゆでる。浮き上がった後1分くらいです。

☆さとうじょうゆか、みたらし団子のたれでどうぞ。
 《みたらし団子のたれ》 砂糖大さじ2強、醤油大さじ1、片栗粉小さじ1、水大さじ3
  これを混ぜて、なべで煮るか、電子レンジで加熱。 ← 焦げないように注意して! 

私も子育て中、母の味を思い出し、お給料前の財布の中身が心細いときによく作って、子どもたちのおやつにしました。素朴な味ですが余分なものが入ってないので安心です。
オーブントースターで焼き目をつけても香ばしい。ぜひお試しあれ。

強も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

祇園祭

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。