「ついに征夷大将軍!」「私の占いは半分しか当たらないのだ!」。兄・姉、弟・妹 この二組のご夫婦のこれからの運命は・・・

DSC_1809


鎌倉殿の13人、時間になって見始めるが、
八重さん(新垣結衣)がいなくなったのが寂しい。

今回の大ニュースとしては、源頼朝(大泉洋さん)がついに征夷大将軍に。
糟糠の妻、政子(小池栄子さん)とともに、

大将軍~大将軍~!

と喜びあい、手の舞い足の踏むところを知らず。汗
この無邪気な権力者の姿がすごい。
また、権力を手にしてもまっすぐな政子もすごい。

政子の中身はきっと、ずっと伊豆の頃のままなのだろう。
だから昔のままの気楽な身なりで

弟を励ましに行ったり。

こちらには、もう一組のご夫婦が・・・。

DSC_1806

全成(新納慎也さん)と実衣(宮澤エマさん)、このご夫婦は本当に楽しい。
今回、頼朝、政子の2番目の子(実朝)の乳母になる夫婦。占いでは吉と出たが、

「私の占いは半分しか当たらないのだ」

と、不安がる全成。

「祈祷については、効いた試しないですものね」

と、追い打ちをかける実衣。笑

永井路子さんの小説「炎環」では、実衣も結構クセのある、本心の見えない性格に描かれている。宮澤エマさんは、純粋すぎて陰のある人間を演じるのが実にうまいのだ。(「おちょやん」で実証済み 笑)

また、一見気の進まない風の全成が、実は妻に、「乳母になれ」と勧めたのだ。それというのも、頼朝や北条との絆を盤石にし、あわよくば将来、乳母子を権力者にして力をふるうため。
また、権力につながらなければ、こっちがやられる。
当時の鎌倉はそういうところだった。

平和を目指したはずなのに戦いがすめば、鎌倉がこんな恐ろしい場所になっていた・・・。いつどこで寝首をかかれるか知れたものではない。

がんばる全成、えらい。けれど、努力しても自滅することもある。

どれだけ善良で相手のためにつくしても。それがこのドラマのつらいところ。悲劇を増産し続けるのだ。

このドラマ本当に目が離せない。これからどうなるのだろう。鎌倉武士たちの抗争を見ていると現代の私たちが平穏に暮らせることをつくづくありがたいと思う。
だが、ふと考えれば、今の世界だって微妙なバランスの上に成り立っているのかもしれない。それを感じさせるコワいドラマでもある。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。「鎌倉殿の13人」についてほかにもいろいろ書いていますので目を通して頂けましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。