人間の能力にはそれほど差はない。要はやるかやらないか/また完璧を求めすぎず90パーセントでいい

DSC_1169

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

最近YouTubeにはまっていることは昨日書きましたが、

今日もこりずに聞いていたら、
堀江さんが、「仕事の返事はすぐに返すべき。完璧に仕上げようとせず90パーセントいい」と言っていまして、本当にその通りだな、と思いました。
きっと100パーセント完璧に、と思うのは自分の見えなのかもしれません。
この年になって教えられることが多いです。

また人間の能力にはそれほど差はない。要はやるかやらないか。

やる前に、あれは難しい・・・これこれだからできない、というのは、最初から自分の可能性を潰しているようなもの。

50パーセントうまくいきそうで、あと50パーセントが難しくても、とりあえず始めてみると道が開けてくるというケースが結構多いです。

そして、始めてみると、切り開いていく過程でそれまで気づかなかった多くのことを知り、知識や知人や機会など、多くのものを手にすることができます。
できない理由をあれこれ考えて、一歩も前に進めないのが一番よくない。運もどんどん逃げていってしまうような気がします。

ときどき、自分は苦労させられてるな(^_^;)、と思うときは、それをやり遂げたあとの達成感を想像してみればいいと思います。愚痴ったりしてると、負の感情が渦巻いてきて、ますます運が下がり顔まで暗くなるでしょう。いつも明るく元気にし、全力で取り組んでいれば運は自然に入ってきてくれる気がします。

そして周りの人々とは、おなじ地球上のお仲間同士とでも思っていれば、カッカすることもなく、逆に連帯感も生まれることと思います。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。