確定申告の書類作成で時間がなくなったので昔作った駄詩をアップします/「幸福の予感」

DSC_0285

幸福の予感

幸福の予感それはいつも
惜しげもなく振りまかれる

夕焼けの空が
激しい赤を地平線に沈め
ブルクミュラーのおさらいをする
小さな娘のピアノの音のたどたどしさに
台所でふと微笑する
そんな時幸福は 一瞬訪れ
金縛りのように心を惑わす

いつか忘れていた
あの小さな赤いトタン屋根の家
縁側で呑気に寝ていた女の子
膝に 汚れた絆創膏一枚
風に揺れる一本の欅の木 
手に触れるごつごつした老木の皮膚
野草のいがらっぽさ

幸福の予兆だけを願い 
わきめもふらず 
うっとりと
すべてをなめらかに 良質の粉に
欺瞞と嘘を掌に包み
たとえば 風のように
知らんぷりで
たとえば 海のように 
情愛を振りまき
ひきうすを ただ回しつづけたのは
私たち女ではなかったか
幸福の幻影に 眩暈し 
おぼれかかり
それでも ひきうすから
手を離さない
幸福の予感に















by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。