「春の苦味の野菜を食べると冬からのデトックスにつながる」というので、ふきみそを作ってみました

刻んでないふきみそです

ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

「春の苦味の野菜を食べると、冬からのデトックスにつながる」
というのを長女さんのインスタグラムで見て、デトックス?? と思っていたら英語の、detoxification(解毒)」を短くしたもので、体に溜まっている毒素を外へ出すことだと知った。

苦みのある春の野菜といえば、ウドやフキノトウだ。
なぜかこの春、フキノトウに縁があって先日、頂いたり購入したのは天ぷらにしておいしくいただいた。家族にも大好評であった。
苦みのある春の新芽は旨い。

昨日外出先で、またフキノトウをいただいた。しかも、
「フキきみそにするといい」
と、作り方までご教授頂いた。ということで、ふきみそを早速作ってみた。

ふわふわで、かわいいフキノトウぼうやたち

《ふきみその作り方》

・フキノトウを軽くゆがく。
・ざるにあけて水切り。
・フライパンで軽く炒め、味噌、みりん、砂糖を加える
       ※調味料の量は適当です(^_^;)
間もなく、とろりとしたフキ味噌のできあがり。
 ※一般のレシピでは、ゆがいたフキノトウをきざんでから炒めているけれど、そのままでも十分おいしい。   

夫も、次男さんも
「これは、うまい!」
とろりとした甘い味噌と、フキノトウの苦みがなんともいえずマッチ。
ほろ苦い春一番の味だった。
どうしてだろう。なぜこんなにおいしいのだろう。きっと冬の間にためていた栄養分が濃縮され、春になって苦みとなって出てくるのだろうか。
考えてもわからないが、とにかくフキノトウは旨い。

「春の苦味の野菜を食べると、冬からのデトックスにつながる」
と信じて、この春さらにフキノトウを食べてみようと思っている。

最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。