まん延防止が3月6日まで延長に。今年のひな祭りもおあずけか。さらに2歳以上の子にマスクって・・・?

ショッピングタウンわかばのコヒガンザクラ。3月半ば頃から開花します

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

立春も過ぎ、3月3日の桃の節句も間もなく。
そんな中、まん延防止期間が3月6日まで延長になった。
理由は、まだ陽性者が減少に転じていないからである。

お孫さんを囲んでの「ひな祭り」を、今年もお預けにした家族も多いのでは・・・。

ちなみに2月11日の東京都の陽性者は1万8660人。
凄い数である。
この数を見ればだれだって恐れ入る。
そして、これはどうにかしなければ、まだまだ我慢だ! と思う。

そう考えながらすでに2年半。
思えば人類はこの21世紀になってすごいものに遭遇したものだ。
コロナとの戦争。

そして、コロナの狡猾なところは、感染の恐ろしさだけでなく、
人同士が接触を避けることで、人々の交流をなくし、じわりじわりと経済を壊し社会を弱体化することだ。それはみんなわかっている。
わかっているのに、どうしたらいいかわからない。

勇猛な、たとえば「鎌倉殿の13人」の人なら・・・
「コロナ恐れるなー」
とかいって、無理矢理にでも外に出させるのだろうか。

「子供にもどんどんワクチンを」
「保育園では、2歳以上の子にもマスクを」
などの言葉が出てきたのには驚いた。

2歳の子がマスクをつけていられるだろうか。

それをすることで、成長にどんな影響が出るか、きちんと考察してるのだろうか。

ただ、「コロナのまん延を避けろ」
「ゼロコロナにしろ」
と、かけ声をかけるだけでは、どんどんあり得ない方向に進むようで恐ろしい。
トンネルの先に、かすかな光が見え出した今だからこそ、コロナだけでなく社会全体を見て今後の方針を考えてほしい。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

地元のおりがみ名人 姫井さんがおってくれた内裏びな。お顔がいきいきして可愛いお雛さまです。 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。