人生案内で若い女性からの「横暴なおじさんに嫌悪感」という相談を見かけて、うーん、となってしまった

本文とは関係ありません・・

こんにちは。ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

先日、長女さんが遊びに来ていて、私と孫娘の一緒の写真を撮ってくれたのですが、
送ってくれた写真を見てびっくりしました。
なんと、私の姿がなくなった母そっくりなのですね。

ちょっと背中をまげた様子といい、笑うと目尻が下がるところといい(^_^;)
年をとるとだんだん親に似てくるっていいますけど、複雑な心境です。
男性はどうなのでしょう。

そういえば、先日、「20代の女性、受け付け事務の仕事をしていますが、50代以上のおじさんに嫌悪を感じます」
という人生案内の投書を見てびっくりしました。
理由は怒鳴りつけたり、人を馬鹿にしたり態度が原因。そして受付へのクレーマーはほぼおじさんとのこと。
最近、こういうことをいう若い女性が多いような気がします。

今はむしろパワハラ、セクハラがこわい?

このご時世、無神経に怒鳴る人は、逆に希少種という気もするのですが。
昔はそうだったんでしょうかね。
以前、地方紙で校閲をしていたときに、激しく怒鳴り合っている男性二人を見かけました。
一人が、相手の胸ぐらをつかんでいいました。
「馬鹿野郎!」
すると、もう一人がさらに激しく興奮して、
「馬鹿野郎、とはなんだ、馬鹿野郎!!」
と怒鳴り、あわや取っ組み合いになりそうでした。
あとで、その新聞社の年配の人が、
「昔は年中怒鳴り合っていたもんだ。今は怒鳴れないから寂しい」
というようなことをいってまして、結構おかしかったですね。
何しろ今は、
「女性の話は長い・・・」
「美人市長が・・・」
というだけで、アウトの時代ですし、いつパワハラ、セクハラ認定されるかわかりません。
人前で怒鳴ったりするなんて、こんな恐ろしいことはありません(^_^;)

それだけに、投書の男性は、向こう見ずというか、怖さを知らないというか・・・。
これ以上書くと余計なことになってしまうので、ここいらでおしまいにしますが、
投書の女性が困っているのはたしかなので、こういうときこそ、
東大の教授をしているエライ方に、一言いっていただけるとありがたいですね。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。