クリスマス間近の今は、母親が一番忙しい時期/どの母親だって、愛情かけて悩みながら子育てしてる/二人で歌う「瑠璃色の地球」をきいてみてください

二子玉川駅前のクリスマスツリー。周囲もクリスマスムードいっぱいです

クリスマス間近のこの時期、まちは賑わい、家庭では母親が一番忙しい時期。

早くよいクリスマスプレゼントを用意してやろう、クリスマスケーキも焼いて、チキンはどうしよう・・・と、まちや家の中をばたばた走り回ってる感じです。

きっと、沙也加さんのお母さんの松田聖子さんも、同じように感じながら子育てしていたと思います。

沙也加さんがなくなられた直後に、
子育て中放っておいただの、外で一人っきりで遊んでいただの、
そんな記事を見かけたが、そんなことを書くのはやめよう!
誰だって苦労して、愛情かけて、悩みながら子育てしてるのです。
完璧でないこともあるけどそれは人間だから、機械ではないからだ。
沙也加さんもお母さんの愛をわかっていただろう。

二人がステージに並んで立って「瑠璃色の地球」を歌うのを、YouTubeで聴いていたら涙があふれ出して止まらなくなってしまった。
なんて素敵に心をこめて歌えるのだろう。
そして、たがいに、相手の歌に対する心からの尊敬を感じた。
それだけによけいに悲しい。

それからもうひとつ。
あの繊細で、舞台に対して、まじめすぎるほどまじめに取り組んできた沙也香さんが、その舞台を前にして自ら命を絶つということがあるだろうか。
私には今もって信じられません。
どんな役にしろ、舞台に立つ人は、その舞台に穴をあけることを極端に嫌うと思うからです。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。