52ヘルツの周波数で鳴くクジラの声は仲閒にとどかない。家族に虐待された女性の魂の物語/2021年本屋大賞受賞作

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

わたしの住む若葉台にオープンした「BOOKSTAND若葉台」さん。時間があると覗きにいってしまう。今回は、この本を購入。

「52ヘルツのクジラたち」 (町田そのこ、中央公論新社)

2021年、本屋大賞第一位。
王様のブランチ、BOOK大賞2020受賞。


最近、他の有名な賞よりも、本屋大賞の本のほうがおもしろいかな、と思ってしまうことがある。期待しつつ家に持ち帰って読んだ。
           🐳     🐳
「52ヘルツのクジラたち」

52ヘルツの周波数で鳴くクジラの声は、仲閒のクジラの耳にとどかないのだという。
だからいつも海の中で1頭だけ。
世界一孤独と言われるクジラ。

そのクジラの鳴声に共鳴する主人公、貴湖。まるで現実の彼女そのもののようだ。
子どもの頃から母親と、母の再婚相手の父親に虐待され、自分の人生を搾取されてきた貴湖。ボロボロになっていたとき、それを救ってくれたのがアンさんと親友の美晴だった。

アンさんは貴湖の「魂の番人」だったのではないか。そして、その人を裏切ったのではないかという激しい後悔。そんな気持ちを抱えながら九州、大分へと引っ越しをする・・・。

そこで出会ったのが、同じく虐待され、名前さえ呼ばれなくなっていた少年だった。その出会いのところの描写です。

「この子からは、自分と同じ匂いがする。親から愛情を注がれていない、孤独の匂い。この匂いが、彼から言葉を奪っているのではないかと思う。
 この匂いはとてもやっかいだ。どれだけ丁寧に洗っても、消えない。孤独の匂いは、肌でも肉でもなく、心に染みつくものなのだ」

人にとって孤独がどれほど残酷でつらいものなのか。その残酷な行為が、もし愛情をかけてくれるはずの肉親からなされたとしたら・・・・・・。

そして「魂の番人」とは何か、自分の魂のありようも考えさせられる。
孤独にもがいていることほど、つらいことはない。
人はみんな他者とつながるべきなのだ。そして孤独に苦しむ人には手を差し伸ばすべきなのだ。
それが、52ヘルツの声に耳を澄ますということなのだろう。

長編小説だけれど惹きつけられて、あっという間に読み終えた。

DSC_2648

若葉台団地にオープンした「BOOKSTAND若葉台」店内。
店主の三田さんによる本のセレクトも楽しめる素敵なお店です。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけ幸いです幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です