鎌倉殿の13人、実朝公の才能をのばした母政子/大海の磯もとどろによする波われてくだけて裂けて散るかも

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

9月4日の大河ですが、新しく義時(小栗旬さん)の許婚になった、のえ(菊地凛子さん)。その最後のシーンには驚かされました。なんと、

「キノコなんてすきじゃないのよ」

「いいから、みんなもってきな」

「これであたしも北条の一門。鎌倉殿の縁者だ。控えよー」

これには、びっくりですね。

目にした泰時も驚く

やはり悪女だったか。いえ、ちらっとウワサは耳にしてたのですが・・・。義時は妻に毒殺されたのではないかと (汗

このウワサに関して、後世の人々は、政子の謀略ではないかと言ったりしてますが、あの感じですと、それもありですね。

悪に手をそめた義時は、自ら悪を呼び寄せてしまったのでしょうか。

そんな、のえの姿を偶然目にした泰時(坂口健太郎さん)。父にあの女人の本性をどう伝えるのか、伝えないのか、来週の放送を楽しみに待ちたいと思います。

のえは、義時の子どもたちと初めて会って、追いかけっこをしたときからその仕草、口調に、どこか危うさを漂わせていました。邪悪とまでは言いませんが・・・。

それにしても菊地凛子さん、健気な女性から、悪女に変わるところの演技が素晴らしかった。小気味いいほどでした。(笑 

さりげなく教育ママだった政子

DSC_2585

また、興味をひいたのは、政子(小池栄子さん)が、息子の源実朝(柿澤勇人さん)のために、せっせと和歌を書き写ししていたこと、そして、「さりげなく目につく所に置いておいてね」と頼んだところ。

のちほど和歌を見つけた実朝は、食い入るように見入ってました。
これがなかったら、実朝がすぐれた歌を残すことはなかったかも。

大海の 磯もとどろに 寄する波 われてくだけて さけて散るかも

後世の人々が絶賛した和歌です。この素晴らしいセンス、鎌倉の海を見ながら詠んだのでしょうか。

気をつけて! 重忠公

そして、今回、心配になったのが畠山重忠公(中川大志さん)のこれから。

武蔵国が欲しくてたまらない時政公(坂東や楚中)とりく殿 (宮沢りえさん) の謀たっぷりの目つきの前で、静かに怒りをにじませる重忠公。

がんばってください。重忠公。横浜市旭区の住民が静かに応援を続けています。

DSC_2577

当旭区には、重忠公の多くの遺跡があります。

若葉台地区センターには畠山重忠公コーナーが

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。