若葉台地区センターに畠山重忠コーナー/重忠公ぬり絵やゆかりの地マップも楽しみ

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に登場している畠山重忠公。
横浜市旭区ゆかりの武将としても知られます。

若葉台地区センターではそれにちなみ、畠山重忠コーナーを設置。
重忠の年譜や、区内のゆかりの地マップなどが展示されています。

コーナーには旭区役所地域振興課によるコンパクトにまとめられた「畠山重忠 ゆかりの地マップ」が置かれ、配布されています。
絵本「畠山重忠一代記」もあり、貸し出しも可能とのこと。
この本、子供ならずとも読んでみたいですね。

館の入口も重忠公仕様になり、
壁には子どもたちのぬり絵作品「畠山重忠公」がずらり。

どの塗り絵も子どもたちの力作です。

この塗り絵は現在も同センターで配布中とのこと。

「皆さん、ぜひぬり絵に挑戦しませんか。受付に声をかけてください」と山口館長は話していました。

大河では、中川大志さんが畠山重忠を演じています。

畠山公は「人格、体力、容姿、音楽的才能」など、どれをとってもすぐれた武将と言われます。
有名な鵯(ひよどり)越のさか落としでは、馬を哀れみ、自身が馬を背負って坂を駆け下りたとのこと。
大河でも中川大志さんが好演されています。
私も大河では、密かに畠山公に声援を送っております。

DSC_0518

今日も拙ブログに来てくださりありがとうございます。
他の記事も併せてぜひご覧ください。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。