「光る君へ」、一条天皇役は塩野瑛久さんに決まりました。本郷奏多さんの花山天皇も楽しみ。「花山天皇のくるひ」ともいわれた悲劇の天皇です

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

来年の大河「光る君へ」、一条天皇役が塩野瑛久さんに決まりましたね。あまり存じ上げなかったのですが、とても美しい方なので驚きました。

ところで花山天皇役の本郷奏多さんも負けず劣らず美しい方です。

在位の短かった花山天皇。悲劇の天皇ともいわれ、また風変わりな行動が目立ったことから、「花山帝のくるひ」といわれて貴族たちの嘲笑をかっていました。

あえていえば「くるひ」というより、

むしろ繊細で傷つきやすい心の持主だったのでは、という気がします。

冷泉天皇の第一皇子で、母は藤原伊尹の娘・女御懐子です。

外祖父の藤原伊尹は折衝・太政大臣でしたが、天皇が幼いうちに亡くなります。
その後、相次いで叔父たちや母もなくします。

後ろ盾のない即位

即位は17歳の時。
後ろ盾のない中での即位は、つらいものでした。
それでも、がんばって政治をしようとしましたが、
まわりの藤原家の人々は協力するどころか足を引っぱる始末。
なんともお気の毒なお立場でした。

そんな中、寵愛していた女御が亡くなります。
気落ちする花山天皇。
しめた!と思ったのが藤原兼家です。

兼家は一刻も早く、孫の皇子を即位させたかった。

内裏で泣き暮らす帝のもとに次男の道兼がおとずれます。
「そんなにおつらいなら、出家されてはいかがですか」
とすすめます。そして、
「私も出家のお伴をします」などと調子を合わせます。

だまされた花山院

そして月明かりの中、宮中を抜け出し、
連れだって寺に向かいます。着いたところで、
「私は、父と母に別れをいってきます」
そういって、花山天皇を置き去りにし、

帰ってしまう道兼。

天皇は、自分がだまされたことに気がつきました。けれど、あとのまつり。
御年二十歳にして、花山天皇は院になられたわけです。

花山天皇、絵でも美形です(ウィキペディアからお借りしました)

放浪と歌詠みの日々

それから修行のような、放浪の旅のような生活が始まるのです。その中でも和歌をたくさん作っていて評価がすごく高いとは言えないもしれませんが、私この方の和歌が大好きです。

旅の空夜半の煙とのぼりなば
あまのもしほ火たくかとやみむ   (大鏡)


昔より風にしられぬともし火の
光にはるる長き夜の闇   (粉河寺御詠歌)

強くなく偉そうでもなく、心やさしい院の心情が表われているようです。
一寸今の時代の詩人のような感性だと思いませんか。

放浪の際、どのような心情だったのでしょう。想像すると、心に迫ってくるものがあります。花山院について、また後ほど紹介させてください。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。ほかにも日々の思いを書いていますので、目を通していただけましたら幸いです。

by
関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です