ただ今、約100匹のこいが遊泳中/5日のこどもの日には多世代交流「みんなあつまれ」があります

こんにちは、ゆきばあです。毎日ブログを更新しています。

今、若葉台公園遊水池の上を約100匹のコイが泳いでいます。

私の住むまち若葉台には、「若葉台まつりの会」という会があります。
皆さん、昔からの伝統行事を大切にしていて、夏まつり、どんど焼き、七夕まつりなどを地元で楽しめるようにしてくれています。ありがたい。商店街とも連携してまちを盛り上げています。
こんなにさまざまな行事をしている団地は他にないかもですね♥

なぜ女の子の家はこいのぼりをあげないのだろう

子どものころのことです。
ある日、学校から帰るときに大きな家の庭にいきなり高いポールが立っていて、その上の方でコイがひるがえり、ポールのてっぺんでは金属の滑車のようなものがくるくる回っていました。

「うちは、こいのぼりあげないの」
「あのうちでは去年、男の子が生まれたからね」
家に帰って、母とそんなやり取りをした気がします。

私は二人姉妹。こいのぼりをあげられなかったのが、ちょっと残念でした。
母はどう思っていたのか、亡くなった母にちょっと聞いてみたい気もします。

こどもの日には「多世代交流 みんなあつまれ」

団地に住んでいるおt、ポールの上で翻るこいのぼりは見かけません。
でも、まつりの会の皆さんが毎年、この時期になると百匹以上のコイを、盛大にあげてくれます。

そしてこのコイたちは、男の子も女の子も区別なく、「子どもたちみんなが元気になるように」と願いをこめてあげられています。

このこいのぼりの下で、5月5日のこどもの日に「多世代交流 みんなあつまれ」という催しが開かれます。ベーゴマや輪投げ、ほか子どもたちの好きないろいろな遊びが行われます。

きっと、子どもさんたちのよい思い出になることでしょう。
まつりの会の皆さんに感謝申しあげます。

今日も拙ブログにきてくださりありがとうございました。
ほかにも日々の思いなど書いていますので、そちらにも目をお通しください。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。